産学・地域マッチングサイト

企業や地域自治体・公共機関、大学等の産学官連携による「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム KuRiPS」

肥満における歯周病と歯の喪失との関連性の検討

  • 公開日: 2021-06-21
添付:PDFファイル

研究の背景および目的
肥満は炎症性細胞を増加させ、歯周病を悪化させることが分かっています。歯周病が進行すると歯の揺れや脱落を生じ、咀嚼機能が低下します。柔らかい食事が中心の偏った食生活を余儀なくされ、さらに肥満へと繋がる可能性があります。本研究は歯周病と歯の脱落が招く肥満のリスクを分析しています。口腔機能の健康は全身の健康に大きく関連することが、近年の研究で証明されています。適切な歯科治療の提供による、肥満や生活習慣病予防の可能性について検討したいと考えています。

おもな研究内容
肥満と歯周病には深い関わりがあり、肥満による炎症性細胞の増加は歯周病が進行しやすい状態を引き起こします。歯周病が進行すると歯ぐきからの出血や歯が揺れるなどの症状が現れ、最終的には歯が抜けてしまいます。歯を失うと繊維質の食品を噛み切れなくなるため、肉や野菜の摂取量が減り、炭水化物中心の食生活になることが分かっています。つまり、肥満による歯周病の悪化は咀嚼機能の低下を招くことで食生活変容をきたし、より肥満へと繋がりやすい負の連鎖を招く可能性が考えられます。
本研究では歯周病の状態と歯の喪失の関係を複合的に分析し、肥満との関連性を調べることで、歯の喪失が引き起こす肥満への悪影響について検討します。
本研究により歯周病の進行に加えて2本以上歯が
脱落した者は、肥満のリスクが高いことを明らかに
しました。

本研究によって歯周病と歯の喪失と肥満との交互作用が明らかになれば、適切な歯科治療が肥満および生活習慣病を改善することを示せます。特定健康診査や健康診断などのスクリーニング評価時において、歯科健診がより重要なものとなります。以前の研究で舌圧と全身の骨格筋量に正の関連がある可能性を見出しました。口腔機能と同時に栄養や運動習慣など他項目も調査することで、より適切な保健指導が可能になります。医療費・介護費を抑制できる口腔機能の維持・増進を目指しています。

共同研究・特許などアピールポイント
●国内学会での発表を行っています。(廣島屋ら,第70回日本口腔衛生学会総会,2021)
●生活習慣病対策として歯科健診・保健指導に力を入れている企業や自治体等の共同研究先を募集しています。

コーディネーターから一言
口腔機能と全身の健康を疫学研究しています。健康診断に歯科健診を取り入れる企業や自治体と連携し、疾病予防にも繋がる調査を推進することを希望しています。「口の健康がなぜ大事か」の講演も可能です。ご連絡ください。

研究分野
予防歯科学、社会歯科学、疫学
キーワード
歯科、肥満、歯周病、口腔機能

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 膵臓癌・自己免疫性膵炎の免疫学的病態の解析

    膵臓癌・自己免疫性膵炎の免疫学的病態の解析

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-06-21

    研究の背景および目的 IgG4関連疾患(*1)である自己免疫性膵炎や免疫チェックポイント阻害薬(*2)による膵癌の治療など、膵疾患においては、免疫に関する知見が必要となる場面が多くなっています。当科は膵疾患への豊富な診療実績と超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)の高度なスキルを有しています。本研究では低侵襲なEUS-FNAによって得られる膵臓組織内免疫細胞を解析することで、難治性の膵癌や難病である自己免疫性膵炎に対する新規ターゲットとなりうる免疫学的分子を探索・解析しています。 おもな...

  • 水産資源を育む黒潮生態系の豊かさを評価する研究

    水産資源を育む黒潮生態系の豊かさを評価する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-06-21

    研究の背景および目的 黒潮は、貧栄養でプランクトンが少ないので海の砂漠と認識されてきたにもかかわらず、日本の水産資源を支える魚類を育みそれを漁獲する海域です(黒潮パラドックスと呼ばれています)。黒潮は本当に海の砂漠なのか?脆弱な仔魚がなぜ黒潮で成長できるのか?慣れ親しんだ海ながら、未だ大きな謎が残る黒潮生態系の豊かさの理由を解明するため、本学練習船を駆使した海洋観測・標本採取、多様な解析技術(顕微鏡解析・遺伝子解析・数値シミュレーション)に基づく研究を行っています。 主な研究内容 本研究における...

  • 公立小・中学校における教員の非正規化政策の展開とその帰結

    公立小・中学校における教員の非正規化政策の展開とその帰結

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-06-21

    キーワード:教職の専門職性、子どもの学習権保障、教員不足 研究・地域連携活動の背景・目的 今日、非正規教員と呼ばれる教員は高い割合で任用されています。その一方で、最近では 非正規教員の「不足」が散見されるようになりました。非正規教員の増加/不足は子ども の学習権保障を直接的に侵害することにつながります。本研究は非正規教員の増加/不足 の様態を教職の専門職性の観点から考察します。 期待される効果などアピールポイント 非正規教員の増加/不足それ自体が問題であるといった単純な図式ではなく、任用実態や ...

利用登録
する