産学・地域マッチングサイト

企業や地域自治体・公共機関、大学等の産学官連携による「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム KuRiPS」

心不全モデルマウスを用いた新規治療法の開発

  • 公開日: 2021-07-06
  • 変更日: 2021-07-08
添付:PDFファイル

研究の背景及び目的
心臓疾患(心臓病)は我が国における三大死亡要因の一つであり、現在もその死亡数・死亡率は増加傾向にあります。このうち心不全は心臓の機能低下によって身体活動に必要な血液を全身に送れなくなった状態であり、QOLを著しく低下させ最悪の場合は死に至ります。しかし医学の発達した現代においても、各々の病態メカニズムに即した効果的な治療法は多くありません。本研究は、作製した心不全モデルマウスを用いて病気のメカニズムを解明し、新しい治療法を開発することが目的です。

おもな研究内容
ラミンA/C遺伝子変異(LmnaH222P) ノックインマウス
心筋ミオシン脱リン酸化酵素遺伝子hHS-M21トランスジェニックマウス

期待される効果・応用分野
ヒトや動物の生命活動において最も重要な器官である心臓の疾患(心不全)について、遺伝子改変技術を用いて作製に成功した心不全モデルマウスの研究によって、新たな発病メカニズムや治療法が明らかになってきました。末期の心不全状態は脳死心臓移植しか根本的な治療法がありません。こうした成果の蓄積は末期に陥ることを防ぐ、早期治療のために大変重要です。また、これらの心不全モデルマウスを活用することで、心不全の早期診断キットの開発や創薬にもつながります。

共同研究・特許などアピールポイント
●作製に成功した心不全モデルマウスを用いて、
国内外の大学や製薬会社などと共同研究を行った実績があります。
●マウスの供与についての契約を締結後に上記マウスを提供できます。興味がある方はご連絡下さい。

コーディネーターから一言
寿命4カ月~1年の独自の心不全モデルマウスを保有。新規な治療法等を開発するための研究に供与できます。製薬会社や大学等研究機関との共同研究実績があります。興味のある方はお問合せください。

研究分野
循環器内科学、心臓病、ゲノム医科学、疾患モデル動物
キーワード
心不全、心筋症、不整脈、遺伝子改変マウス、遺伝子変異

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • プリント基板の開発・試作

    プリント基板の開発・試作

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-07-05

    研究概要 プリント基板の開発・試作用加工機(LPKFProtoMat S104) 銅箔を切削してパターンを加工します。 ガーバー図面拡張子対応 レイヤー名拡張子 Toplaye「 **********.T OP Bottom Layer ** * *******.BOT SolderMaskTop **********.S MT SolderMaskBottom ********** .SMB SilkScreenTop **********.SST SilkScreenBottom *****...

  • 廃棄物および未利用資源を活用した材料開発他

    廃棄物および未利用資源を活用した材料開発他

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-07-05

    ~地域に根ざした研究を進めています~ 研究概要 廃GFRPを有効利用した水質・大気汚染浄化セラミックスの開発 概要 ・GFRP(ガラス繊維強化プラスチック) 製品の製造過程で発生したGFRP副産物を有効利用して,環境調和型の吸着材(染色排水, NOX)を開発 成果 ・GFRPの粒径,混合率などを変えることで, 多孔質セラミックスが実現 (板状,粒状) ・アソ系染料(OrangeJI)の吸着 ・懸濁物質(100μm以上)のろ過etc. 廃シリカを有効利用した屋上緑化材の開発 概要 ・合成シリカ製品...

  • プログラミング行動分析によるソフトウェア開発支援

    プログラミング行動分析によるソフトウェア開発支援

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-07-05

    研究概要 プログラミング行動を観測することにより,ソフトウェア開発者の癖や精神状 態,効率の良いコツなどを把握することができる.分析した結果をうまく利用 することで,ソフトウェア開発者の行動変容が期待され,ソフトウェア開発の 生産性向上に向けてのアプローチを提案できる. 実験 分析 改善アドバイス 企業メリット ・ソフトウェア開発企業における,社員研修や,業務改善につながる キーワード ・オープンソースソフトウェア、プログラミング開発支援、プログラミング教育支援 主な研究テーマ ・オープンソース...

利用登録
する