産学・地域マッチングサイト

企業や地域自治体・公共機関、大学等の産学官連携による「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム KuRiPS」

低価格RTKによる計測とドローン測量への応用

  • 公開日: 2021-06-21
添付:PDFファイル

キーワード:RTK、UAV、GCP
研究・地域連携活動の背景・目的
日本版GPSみちびきなどの電波を利用するRTKは、低価格受信機の開発により、急速に普
及しています。田中研究室では、RTKシステムの開発と、それを利用したUAV測量の高
精度化、建設機械の低価格自動運転システムの開発研究に取組んでいます。
期待される効果などアピールポイント
RTKは自動運転には必要不可欠で、大手携帯電話会社も昨年からRTKを用いたサービスを
始めていいます。RTKは、受信機などが低価格であるばかりでなく、大学などが設置する
基準局を無料で利用できることも大きなメリットです。IoT、AI、ロボットなどの先端技
術の基本となるRTKに取り組むことは、大きなビジネスチャンスにつながっていくかも知
れません。
研究・地域連携活動の概要紹介
【ローコストRTK-GNSS の開発と普及】
昨年度、RTK研究会を発足
し、RTK-GNSSのシステム
開発と基準局の設置など、低
価格、高精度測位を普及させ
ました。その結果、国土交通
省より、令和元年度の生産性
向上技術開発を支援するプロ
ジェクトに認定され、その研
究成果が最高の「A評価」を
受けました。
【ドローン空撮測量の高精度化】
ドローンは、風に強く、飛行時間の長い機種が開発されています。しかしながら、もとも
とホビー用として作られたドローンを測量に利用するには、いろいろな解決すべき問題が
あります。我々は、レンズキャリブレーションの問題、急傾斜地の空撮方法、インフラ点
検などドローン空撮写真測量の高精度化の研究に取り組んでいます。ドローンの利用につ
いて地域の皆様のさまざまなご相談にお応えできると思います。

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 環境リスクマネジメントに関する学際的研究

    環境リスクマネジメントに関する学際的研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-06-21

    キーワード:Risk management、Artisanal and small-scale mining、国際協力 研究・地域連携活動の背景・目的 本研究室では科学的なリスク管理手法を用いて地域社会と協力しながら持続可能な発展の 道筋を探ります。 また、世界中で深刻な問題となっている零細及び小規模採掘について、国際機関、環境省 やJICAとともに国際環境協力を進めます。 期待される効果などアピールポイント 責任者不在である事が多い旧坑の管理手法を研究、開発する事ができます。 また、休廃止鉱山...

  • 電子植栽技術による植物生体の活性化及び緑化保全への応用

    電子植栽技術による植物生体の活性化及び緑化保全への応用

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-06-18

    キーワード:電子植栽技術、植物の生体活性、緑化保全 研究・地域連携活動の背景・目的 電子植栽技術とは、植物の幹や茎のツボ(電位の高い個所)に針を刺し、微弱電流を流し 樹木全体に電気を循環させることにより、植物の生体を活性化させる技術である。電子植 栽技術法の効果について、我々は日本振興株式会社と長年研究を行い、植物成長と土壌環 境へ影響することを確認した。 期待される効果などアピールポイント マンゴーやブドウなどの果物の糖度上昇等の品質向上や、成長の早熟による早い収穫など に応用。さらにクロマツ...

  • 廃棄物の減量化のための再資源に関する研究

    廃棄物の減量化のための再資源に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-06-18

    キーワード:リサイクル、資源循環、未利用資源 研究・地域連携活動の背景・目的 私たちが地球環境と調和を保ちながら豊かで住みよい生活、生産活動や社会活動を行って いくためには、資源循環型社会を構築していかなければなりません。我々の研究室では、 限りある資源を限りなく使うための社会軽視絵を研究テーマとしています。 期待される効果などアピールポイント 不要となったいわゆる「ごみ」に付加価値をつけることにより、あらたな資源として活用と循環型社 会の構築が可能になります。また、「ごみ」の減量化のため最も効...

利用登録
する