産学・地域マッチングサイト

企業や地域自治体・公共機関、大学等の産学官連携による「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム KuRiPS」

廃棄物の減量化のための再資源に関する研究

  • 公開日: 2021-06-18
添付:PDFファイル

キーワード:リサイクル、資源循環、未利用資源
研究・地域連携活動の背景・目的
私たちが地球環境と調和を保ちながら豊かで住みよい生活、生産活動や社会活動を行って
いくためには、資源循環型社会を構築していかなければなりません。我々の研究室では、
限りある資源を限りなく使うための社会軽視絵を研究テーマとしています。
期待される効果などアピールポイント
不要となったいわゆる「ごみ」に付加価値をつけることにより、あらたな資源として活用と循環型社
会の構築が可能になります。また、「ごみ」の減量化のため最も効果的な方法についても検討してお
り、廃棄物の処分の軽減に役に立ち、新たな産業や商品開発など地域の活用にもつながる研究で
す。まだまだ使われていない身近な資源やエネルギーを使えるようにできることが期待されます。
研究・地域連携活動の概要紹介
家庭やオフィス、工場および農畜産から
排出される廃棄物を元の原料(資源)に
戻すマテリアルリサイクルをイメージし
たものです。
ほとんどの「ごみ」と呼ばれる廃棄物
は、少し手を加えてやると資源として蘇
らせることが出来ます。廃棄物として捨
てるのではなくて、新たな用途材料に使
うことを繰り返し、最終的には元の状態
に戻すための研究を行っています。
例えば、右の写真は、浄水処理場から排
出される浄水汚泥から新たな浄化材料に
転換することが出来ます。
また、鹿児島県は全国第二位のお茶の産地
で有名ですが、不要になった茶葉やお茶殻
などから抽出したカテキンを用いた雑草が生えにくくする技術を研究しています。長年耕作
されないいわゆる「休耕地」の土の中の微生物を利用した泥発電の検討も行っています。

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 座面圧力分布解析システムに関する研究

    座面圧力分布解析システムに関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-06-18

    キーワード:座面圧力分布、医療福祉、健康 研究・地域連携活動の背景・目的 安価なクッション型の圧力分布センサおよび計測システムを開発し、覚醒時間の6割にあ たる「座っている状態」の定量的な評価を行うことで、猫背や反り腰などの悪い姿勢の検 知や読書、作業(デスクワーク)、休養の質の評価を行うことを目的とする。 期待される効果などアピールポイント 我々の生活の中で着座状態で行う行動は事務作業、食事、趣味、休養、車の運転など多岐 に渡る。本研究ではこれらの動作中に現れる座面圧力分布を計測・モニタリング...

  • 筋電位信号を用いた生体計測

    筋電位信号を用いた生体計測

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-06-18

    キーワード:筋電位信号、生体計測、リハビリテーション 研究・地域連携活動の背景・目的 筋電位信号は筋肉の動きを電気信号として記録するもので、これまでの研究で生体の動作 を記録、可視化する技術が培われました。この機材および技術を体の動きを確認したい方 に提供できます。可視化された筋電位信号は効率的なリハビリにも応用可能です。 期待される効果などアピールポイント 筋電位信号は生体計測に広く用いられており、スポーツ選手などの動作解析や訓練にも使 用されています。これまでに筋電位信号の測定技術と信号処理...

  • 発声障害者のための発声支援装置に関する研究

    発声障害者のための発声支援装置に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-06-18

    キーワード:人工喉頭、発声支援装置、筋電位信号 研究・地域連携活動の背景・目的 喉頭癌や喉頭傷害、呼吸管理等により発声機能を失うことは不便であり精神的苦痛をも伴 います。私達は発声に障害を持つ患者のための発声支援装置の研究を行っています。これ らは筋電位信号で制御され、必要な時に機能を発揮し、使用者のQOLを向上させます。 期待される効果などアピールポイント 発声器官に障害を持ち、発声が困難である障害者は国内で80万人強存在すると推定されて います。この研究で実現しようとしている発声支援デバイス...

利用登録
する