産学・地域マッチングサイト

企業や地域自治体・公共機関、大学等の産学官連携による「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム KuRiPS」

筋電位信号を用いた生体計測

  • 公開日: 2021-06-18
添付:PDFファイル

キーワード:筋電位信号、生体計測、リハビリテーション
研究・地域連携活動の背景・目的
筋電位信号は筋肉の動きを電気信号として記録するもので、これまでの研究で生体の動作
を記録、可視化する技術が培われました。この機材および技術を体の動きを確認したい方
に提供できます。可視化された筋電位信号は効率的なリハビリにも応用可能です。
期待される効果などアピールポイント
筋電位信号は生体計測に広く用いられており、スポーツ選手などの動作解析や訓練にも使
用されています。これまでに筋電位信号の測定技術と信号処理、可視化に関する研究を
行ってきたので、障害者の問題点の特定やリハビリ、またスポーツのトレーニングなどへ
の応用に役立てたいと考えています。
研究・地域連携活動の概要紹介
【筋電位信号計測とその応用】
筋肉が脳からの信号で動くときには、非常に小さな電気信号(筋電位信号)が発生しま
す。特に体の表面に近い層にある筋肉の信号は体の表面に貼り付けた電極(表面筋電位信
号測定電極)で簡便に測定することが可能で、容易に筋肉の動作を見たり記録したりする
ことができます。この筋電位信号は人間の「体(筋肉)を動かしたい」という意思を検出す
るのに非常に適しており、スポーツや医療・福祉機器など色々な現場で使われています。
わたしたちの研究室には表面筋電位信号測定電極や音響測定用マイク、圧力センサなどの
測定機器と、4種類の信号を同時に計測および記録することが可能な機器があり、筋電位信
号だけではなく、音声や圧力などの他の信号も同時に計測することができます。またこれ
らの測定した信号を基に、ロボットや医療福祉用機器などを制御するための信号を生成し
出力することもできます。これまでに、胸骨舌骨筋(頚部)、横隔膜(腹部)、肩甲舌骨筋
(頚部)、顎舌骨筋(頭部)、浅指屈筋(前腕部)の筋電位信号の測定実績と、その信号を
用いた機器の制御、また胸骨舌骨筋の筋電位信号と音声、顎舌骨筋および横隔膜と音声の
同時計測などの実績があります。

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 発声障害者のための発声支援装置に関する研究

    発声障害者のための発声支援装置に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-06-18

    キーワード:人工喉頭、発声支援装置、筋電位信号 研究・地域連携活動の背景・目的 喉頭癌や喉頭傷害、呼吸管理等により発声機能を失うことは不便であり精神的苦痛をも伴 います。私達は発声に障害を持つ患者のための発声支援装置の研究を行っています。これ らは筋電位信号で制御され、必要な時に機能を発揮し、使用者のQOLを向上させます。 期待される効果などアピールポイント 発声器官に障害を持ち、発声が困難である障害者は国内で80万人強存在すると推定されて います。この研究で実現しようとしている発声支援デバイス...

  • 自動車ボデーの機構及び各種機械の機構に関する研究開発

    自動車ボデーの機構及び各種機械の機構に関する研究開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-06-18

    キーワード:自動車、機構、機械設計 研究・地域連携活動の背景・目的 自動車は移動手段としてなくてはならない道具でもあり、コミュニケーションの場、憧れ の存在であったりもする。多種多様な使われ方に対し、安全かつ快適な移動空間を提供し 続けている。そんな付加価値の高い機構を考え、社会への展開を通し貢献していきます。 期待される効果などアピールポイント 若者の自動車離れが指摘されるが、大人になったら買いたい物は男女とも「車」が首位 だった。『大人の象徴』としての憧れである。 ・カッコよく付加価値の高い...

  • 車載HMIと次世代自動車に関する研究

    車載HMIと次世代自動車に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-06-18

    キーワード:HMI、次世代自動車、道路運送車両法 研究・地域連携活動の背景・目的 近年、高齢者の交通事故が社会問題となっている中、自動車は電子化による自動運転技術 の進化と普及が拡大している。本研究では、車載HMI(Human Machine Interface)と次 世代自動車に関する研究を通して、交通事故の削減や利便性の向上に役立てる。 期待される効果などアピールポイント ・自動車用前照灯の照射特性の分析と改良による交通事故の削減 ・車載式故障診断装置の検査制度への活用による電子制御装置整備...

利用登録
する