産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の産学官連携による「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのPDFファイルをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

COXー2阻害薬を用いたリンパ管奇形治療法の開発

  • 公開日: 2021-05-30
添付:PDFファイル

研究の背景および目的
リンパ管奇形(lymphatic malformation: LM)は小児の頸部に発症することが多く、美容的な問題や発声・嚥下障害、時に気道閉塞を起こし致死的となる重大な病気です。私たちは培養細胞を使った実験、および臨床経験からCOX-2阻害薬がLMの治療薬として有望と考えています。将来、COX-2阻害薬をLM治療薬として臨床応用することを見据えて、LMにおけるCOX-2の作用と、COX-2阻害薬がLMの増殖を抑制することを示し、その分子生物学的機序を解明する研究をしています。

主な研究内容
リンパ管奇形(lymphatic malformation: LM)は、リンパ管性嚢胞を中心とした腫瘤病変で、多くの場合は先天性で、頸部に発症します。国内には約1万人のLM患者がいるとされ、特に小児が種々の症状に苦しんでいます。基本的な治療は外科的切除やピシバニールによる硬化療法ですが、約7割の患者ではこれらの治療後もLMは残存します。
私たちは、COX-2阻害薬がLMに効果のあることを見出しました。
手術ができず、ピシバニールによる硬化療法も無効であった小児患者
がLMの増殖とともに気道閉塞を来たしました(図上左)。疼痛に対し
てCOX-2阻害薬であるセレコキシブを内服したところ、内服開始か
ら2週間でLMが軟化し始め、継続したところ4週間目から縮小し、気
道閉塞が改善しました(図上右)。
セレコキシブはCOX-2に選択性の高い非ステロイド系の抗炎症剤
で、鎮痛薬として用いられています。鎮痛作用とは別に、COX-2阻
害薬は種々のがんの細胞株において抗リンパ管作用を介した抗腫瘍効
果を示すことがわかっています。そこで、私たちはヒトの初代培養リ
ンパ管内皮細胞をCOX-2阻害薬の存在下で培養したところ、リンパ
管内皮細胞によるゲル上での管腔形成(tube formation)がCOX-2阻
害薬の濃度依存性に抑制され、細胞増殖も抑制されました(図下)。

期待される効果・応用分野
本研究ではCOX-2がリンパ管増殖で果たしている役割と、COX-2阻害薬がリンパ管の増殖を抑制する機序を明らかにします。私たちはCOX-2阻害薬を、リンパ管奇形(LM)治療薬として臨床で使用できるようにしたいと考えています。COX-2阻害薬の中からLMに最適な医薬品を見出すことや新薬開発の可能性もあります。LM自体は比較的珍しい病気ですが、多くのがんがリンパ管を通じて転移することから、リンパ管の増殖を抑えることができれば、がん治療への応用も期待できます。

共同研究・特許などアピールポイント
●COX-2阻害薬を用いた動物実験、将来的には臨
床試験を行いたいと考えています。技術提供や資金
提供、共同研究が行える連携先を求めています。
●『Pediatrics』に症例報告を行い、海外からも多
くの反響が寄せられました。

コーディネーターから一言
鎮痛剤COX-2阻害薬のリンパ管奇形への効果
を発見、臨床適用を目指す研究です。機序を
解明すれば最適な薬剤の探索も可能。医薬品
メーカーとの連携を求めています。臨床医や
研究者のご協力、ご連絡もお待ちしています。

研究分野 小児科学、再生医学、腫瘍学
キーワード リンパ管腫、COX-2、がん

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 活性化マクロファージを標的とした動脈硬化の新規診断・治療法の開発

    活性化マクロファージを標的とした動脈硬化の新規診断・治療法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-05-18

    研究の背景および目的 過剰に活性化したマクロファージは、動脈硬化において血管の病変(プラーク)を起こす重要な原因です。活性化マクロファージはプラークを不安定化し破裂させるため、心筋梗塞や脳梗塞の発症にも関与します。私たちは活性化マクロファージに特異的に発現する葉酸レセプターβを、新しいマーカーとして注目しました。本研究の目的は、葉酸レセプターβを利用し活性化マクロファージを標的とすることで、不安定プラークを早期に診断し治療する新たな方法を開発することです。 おもな研究内容 ①不安定プラークの分子...

  • 南九州に多発する成人T細胞白血病(ATL)治療薬の開発

    南九州に多発する成人T細胞白血病(ATL)治療薬の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-05-18

    研究の背景および目的 成人T細胞白血病(ATL)はヒトレトロウイルス*であるHTLV-1によって引き起こされる,きわめて悪性の血液腫瘍です。南九州に多く,鹿児島県では約20万人ものHTLV-1感染者が存在し,毎年100人以上のATL患者が発生しています。ATLを発症すると半年から1年で死亡し,根本的な治療法はありません。本研究では,新しく確立した方法を用いて,ATL細胞を選択的に殺傷する新規構造の薬剤を見出しました。ATL細胞だけを攻撃して副作用が少ない,新しい薬剤の開発を目指しています。 おも...

  • 黒潮流域・北太平洋西部をフィールドとする『かごしま丸』

    黒潮流域・北太平洋西部をフィールドとする『かごしま丸』

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-04-26

    研究の背景および目的 『かごしま丸』は総トン数935t、定員44名の大型練習船。主に外洋域での教育・研究に利用され ています。1週間前後の短期航海から1カ月に及ぶ長期航海まで年間約15回の航海を実施。実習海域 は本州~九州沿岸、東シナ海、南西諸島、中西部太平洋に及びます。外洋域での学生・教員の漁業・ 観測・航海実習と調査研究に対応する多様な装備と操縦性能が特徴です。また洋上教育のための共同 利用拠点として他大学の乗船実習や共同研究等で企業や公的機関の調査研究の一翼を担っています。 ■おもな研究内...

利用登録
する