産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのPDFファイルをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

活・生鮮魚介類の鮮度保持と水産加工品の高品質化

  • 公開日: 2020-07-07
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
●活魚介類の健康を保つことで、食品の品質を高めることが期待できます。医学研究の実績を基に血液検査等から活魚介類の健康チェックをし、養殖魚の生簀管理や活魚輸送の効率化をめざします。
●魚介類の主な可食部は筋肉であり、筋肉の主要成分はタンパク質です。魚介類の筋肉たんぱく質を調べることで、保存中の品質変化を調べ、それを参考にして鮮度を保つ最適な方法を提案します。
●練り製品などの加工品の品質を高めるための添加物や加工法を提案します。
(おもな研究内容)
●活魚介類の健康チェック
●生鮮魚介類の高鮮度保持
魚介類の中には、セキツイ動物もいれば無セキツイ動物もおり、それぞれの血液成分は
異なります。生物種にマッチした血液検査を行えば、健康状態を確認できます。漁場での簡便なチェックで個体を選別。より健康な個体を活魚として輸送、弱い個体は地元で処理するなど効率的な管理を可能にします。
生鮮魚の鮮度を高く保つためには、締め方や保存方法に注力する必要があります。その方法は魚、イカやタコ、エビやカニ、さらに魚の種類によっても、微妙に異なります。お刺身の主要成分である筋肉タンパク質の分子構造の変化を調べることで、それぞれの魚種に応じた最適な鮮度保持法を提案します。
魚はセキツイ動物であり、血は赤いイカやエビ、アワビは無セキツイ動物であり、血は青い
●水産加工品の高品質化
魚肉加工品、かまぼこやさつま揚げなど練り製品の品質を高める風味や色に仕上げるために、最適かつ効率的な加工法や保存法を提案します。不要な添加物と必要な添加物等を科学的に分析、商品の改良や新商品の開発を支援します。
(期待される効果・応用分野)
●活魚介類の健康チェックにより、病気の魚介類はもちろん、健康状態が優れた個体と不健康な個体の選別を行うことで、養殖/蓄養の生簀管理や、活魚輸送に適した個体の選別が可能になります。
●活・生鮮の両方の魚介類の鮮度を保持するための餌の開発や生簀管理、閉め方、保存方法など、海から工場まで一貫した鮮度保持と高品質化をめざします。
●食品科学、食品生化学という学問/サイエンスに基づく水産加工品の高品質化を提案します。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●水産業、食品企業、島嶼を含めた地域への貢献
をめざしています。現在も鹿児島県内外の食品企業から技術相談や委託分析を受けております。
●魚介類の血液での健康チェックはデバイス化が可能。企業や研究者との連携を求めています。
(コーディネーターから一言)
食品・医薬の研究実績をもとに、魚介類の鮮度保持、生簀や輸送管理から加工品まで、幅広い支援が可能です。蓄積されたデータと知見を基に、企業活動にも配慮した科学的な提案ができます。お気軽にお問合せください。
(研究分野)
水産生化学、食品生化学、水産食品科学
(キーワード)
タンパク質、鮮度保持、変性、変性抑制、練り製品

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 農産物卸売市場における有利販売戦略

    農産物卸売市場における有利販売戦略

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-05-08

    (研究の背景および目的) 最近の農産物流通過程では買い手が売り手よりも強いため、農産物価格が低迷しているといわれます。 農産物の主要な取引の場である卸売市場において、生産者の利益を増やす「有利販売」を大きく左右すると考えられる取引交渉力(価格・数量の交渉力)と、各産地からの出荷量調整(価格に影響を及ぼす力の源)はどういう状態にあるのかを解析し、現状を的確に把握します。 それにより、これらをどのように変化させると有利販売が実現できるのかを検討していきます。 (おもな研究内容) 解析1.買い手と売り...

  • コンピュータ・情報ネットワークの信頼性に関する研究

    コンピュータ・情報ネットワークの信頼性に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-05-08

    (研究の背景および目的) コンピュータとインターネットが社会インフラとなった現在、その信頼性は社会生活の維持を左右す る問題になってきました。 本研究は、コンピュータシステムや情報ネットワークなどを対象に、「信頼性」をキーワードにして 数理的な解析や評価方法を提案し、これに基づく情報ネットワーク設計法などを研究するものです。 また新しいデータ構造の提案やこれに関連したアルゴリズム(処理手順)などの研究を行っています。 (おもな研究内容) 1情報ネットワークの信頼性の数理的解析や評価方法に関する研...

  • 脳卒中に対するRIPCを用いた新規予防法の開発

    脳卒中に対するRIPCを用いた新規予防法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-05-08

    (研究の背景および目的) 超高齢社会を迎え、寝たきりの原因となる脳卒中の発症率が増加しています。その6割を占める脳梗塞の急性期治療には4.5時間という投薬の時間制限があり、9割の患者さんは間に合いません。そのため脳卒中の予防には発症だけではなく、重篤化も予防する方法の開発が必要です。我々は予防運動と遠隔虚血プレコンディショニング(RIPC:Remote ischemicpreconditioning)を組み合わせ、本来体の中に備わっている神経保護機能を活性化させる新規予防法の開発を行っています。...

利用登録
する