産学・地域マッチングサイト

企業や地域自治体・公共機関、大学等の産学官連携による「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム KuRiPS」

アワ遺伝資源の保存と活用

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
アワはアジア・ヨーロッパに幅広く分布するイネ科作物です。かつて鹿児島ではアワの栽培が盛んでしたが、昭和30年代以降、全国的にアワの栽培が行われなくなり、多くのアワ系統が滅亡の危機にありました。これを危惧した当研究室初代教授の宮司佑三は県内各地のアワ系統の収集に努め、その後、収集範囲は県外、国外に及びました。現在、約600のアワ系統が保存・維持されています。これらの利用、活用を目指しています。
(主な内容)
写真のようにアワの穂の形、粒の色は様々で、見た目にも非常に綺麗です.これ以外の性質(早晩性、草丈など)も変異に富んでいます。多数のアワ系統の維持と並行して,性質が互いに異なるアワ品種を交配し,性質がどのように遺伝するか研究しています.また,研究の過程で互いの性質をあわせもった新しい材料も育成しています.突然変異誘発のための基礎研究も行っています.
(期待される効果・応用分野)
アワを含む雑穀は,現在の食生活に不足しがちなミネラルや食物繊維を豊富に含んでいることから健康食として注目を浴びており,食物アレルギーの原因になりにくいため,代替食として優れてい.ます(「新特産シリーズ雑穀」及川一也著農文協より).また、アワは栽培しやすく,色や形の違いが分かりやすいので,環境教育や総合学習の材料にも向いていると考えます.
(共同研究・特許などアピールポイント)
・実用化の事例として,鹿児島県で収集され,鹿児島大で維持しているアワ系統が入った炊飯用雑穀が農家から販売されています.
(コーディネータから一言)
滅亡の危機にあった約600のアワ系統が本学で保存・維持されています。健康食だけでなく、観賞用や教材としての活用も可能。共同研究で交配や突然変異など様々な実験・育成と利用法を広げられる可能性があります。
(研究分野)
植物育種学 植物遺伝学
(キーワード)
アワ 遺伝子 イネ アワ

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 出水平野に飛来するツルの病原微生物に関する研究

    出水平野に飛来するツルの病原微生物に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 出水平野には毎冬、1万羽以上のツルがシベリア・中国北部から韓国経由で飛来します(10月末から2月末までの約4ヶ月間滞在)。滞在期間中には、カモ、カラス、その他多くの野鳥と交わるため、ツルの間で、あるいはツルと野鳥(場合によっては鶏)間での病原体のやりとりが懸念されています。 (主な内容) インフルエンサ゛ウイルスの検査約80%がナベヅル約20%がマナヅルその他のツルも少数新鮮な糞便を採取細菌・原虫などの検査 (期待される効果・応用分野) ツルがどのような病原微生物を保有...

  • 一人ひとりのニーズに応じる学習支援プログラムの開発と検証

    一人ひとりのニーズに応じる学習支援プログラムの開発と検証

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 障害とは人の心や身体の状態ではなく、環境との関係で生じるものです。障害者の支援は、その人の能力だけではなく、環境を整えることにも重点が置かれるようになってきました。とくに学校教育では、一人ひとりに合わせた多様な学習方法を用意することが重要な課題です。近年の認知科学的手法は学習や発達の諸側面を個人の多様さとの関連で解明することを可能にし、この点からの障害へのアプローチと実践での効果検証に基づき、有効な支援方法を提案することを目的とします。 (主な内容)   (期待される効...

  • 金属イオンを用いて青色の花を咲かせる花色の改変法

    金属イオンを用いて青色の花を咲かせる花色の改変法

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 植物は様々な金属イオンを根から取り込むことができます。花弁に赤色色素であるアントシアニンを含む花類は、金属イオンであるモリブデン(Mo)を吸収すると、モリブデンとアントシアニンが細胞中で結合して安定した青い色素が作られることがわかりました。この現象を利用して栽培中の園芸植物に、モリブデンを根から吸収させることで花弁の色調を変え、新しい花色の花を咲かせる試みを行っています。育種法によらず栽培的手法で新しい花色を得ることができる技術です。 (主な内容) (収穫時)ストックハ...

利用登録
する