産学・地域マッチングサイト

企業や地域自治体・公共機関、大学等の産学官連携による「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム KuRiPS」

機能水を利用した環境改善と食品衛生管理手法の開発

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2020-09-25
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
食品製造の工程で問題となるのが、衛生管理と廃棄物処理です。現在、衛生管理や廃棄物処理に薬剤の使用は不可避ですが、新たな環境汚染の原因ともなり得るため、薬品を使わない処理技術の開発が求められています。機能水とは「水に物理的な作用を施すことで何らかの作用をもたらす水」のこと。機能水を用いることで、既存の薬剤使用量を減少させることが期待できます。機能水を有効利用する方法を検証すること、ならびに新たな機能水をみつけることを目的として研究を行っています。
(主な内容)
強酸性電解水機能水を用いた食品および作業環境の殺菌効果の検証。強アルカリ性電解機能水による油脂洗浄効果の検証。電解技術を用いた中性無菌水の製造装置の開発。電解銀イオン含有水による食品製造工程の抗菌効果の検証電解機能水の生成原理強アルカリ性水による油脂の乳化
(期待される効果・応用分野)
世界人口の増加に伴い、衛生管理された水・食品の必要性が増しています。異常気象による砂漠化などで、真水の確保が困難になっている状況もあります。機能水を有効利用すれば、衛生的な食品供給と排水汚染の低減が可能となります。また本研究は電気分解等の物理的処理による水の再生・循環利用技術にも発展する可能性があります。地球環境保全の立場から、この研究にも従事しようと考えております。いわゆるエコテクノロジー分野での様々な発展が期待できます。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●電気分解装置を中心に、特許117件・実用新案3件を取得。現在、焼酎会社へのHACCP導入や魚の加工場において、電解機能水を活用する共同研究が進行中。食品会社、食品加工、厨房などの衛生管理に関するご相談に対応できます。
(コーディネータから一言)
水道水などを直流電圧で電解処理して得られる様々な機能水について、殺菌・抗菌および洗浄効果等の検証を行っています。電解装置についても多くの特許と知見を保有。機能水についての情報交換や共同研究を求めています。
(研究分野)
微生物学 食品衛生学
(キーワード)
食品加工 環境改善 食の安全 電気分解 機能水

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 「土作り」の効果がわかる栽培学習教材の開発

    「土作り」の効果がわかる栽培学習教材の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 24年度から中学技術科で「生物育成」が必修化されました。作物栽培では「土作り」がとても大切です。植付けの前には、肥料を施したり、耕したり、うねを立てたりといった土作りの技術が必ずといってよいほど用いられます。しかし、これらの技術がどれくらいの効果を発揮するのか、また用いなかった場合にはどれくらいの損失が出るのか、について理解できるような栽培教材はそう多くはありません。本研究では、土作り技術の効果がわかるような栽培学習教材の開発を目指しています。 (主な内容) 1.排水性...

  • ダニが媒介する人獣共通感染症に関する研究

    ダニが媒介する人獣共通感染症に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 人や動物に病気を起こす病原体の中には、ダニによって運ばれ細胞の中でしか増殖できない、リケッチアという微生物がいます。細菌の仲間であるリケッチアはつつが虫病の病原体など、日本にもいろんな種類のリケッチアがいます。リケッチアによく似たコクシエラという細菌はダニが保有していて、Q熱を引き起こします。安心して生活できる社会環境を構築するために、これらの病原体がどうやって病気を起こすのか、また、病原体を持っている(運ぶ)ダニがどこにいるのかを研究しています。 (主な内容) 【Q熱...

  • 木材を用いた室内の居住環境の改善に関する研究

    木材を用いた室内の居住環境の改善に関する研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 中小の製材業者や木材加工業者にとって,地元産の木材の利用を促進して,地元で大いに利用されることが,地元業界全体の発展につながると考えます。そのためには南九州の気候にあった住宅の構造や室内の居住性の向上に寄与する造作材や建具の積極的な利用が必要。そこで,木材の調湿機能や視覚的特性を生かした室内の居住環境の改善に関する研究を進めています。 (主な内容) ・木材を内装に多用した部屋について,温湿度の測定を行い,未改装の部屋との比較により,調湿機能を評価する。・木製ブラインドを...

利用登録
する