産学・地域マッチングサイト

企業や地域自治体・公共機関、大学等の産学官連携による「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム KuRiPS」

カーボンナノチューブ分散剤、その製造方法、カーボンナノチューブ分散液、及びその製造方法

  • 公開日: 2021-02-12
添付:PDFファイル

【発明が解決しようとする課題】
 本発明の目的は、CNTを分散媒中に適切に分散させることができる無機化合物を基盤
とするCNT分散剤、その製造方法、CNT分散液、及びその製造方法等を提供すること
を目的とする。
【課題を解決するための手段】
 本発明者は、上記目的を達成するために鋭意検討を重ねた結果、上記の特許文献6、非
特許文献2、非特許文献3、非特許文献4等に記載されたPSQの対アニオンを三ヨウ化
物イオンに変換したラダー型PSQが、CNTの分散剤として機能することを見出した。
 本発明に係る第1のラダー型ポリシルセスキオキサンは、構造式が下記の化学式1で表
されることを特徴とする。
 本発明に係る第2のラダー型ポリシルセスキオキサンは、構造式が下記の化学式2で表
されることを特徴とする。
 本発明に係るカーボンナノチューブ分散剤は、上記第1又は第2のラダー型ポリシルセ
スキオキサンを含有することを特徴とする。
 本発明に係るカーボンナノチューブ分散液は、分散媒と、前記分散媒中に分散したカー
ボンナノチューブと、前記カーボンナノチューブの表面に吸着された上記のカーボンナノ
チューブ分散剤と、を有することを特徴とする。
 本発明に係る第1のラダー型ポリシルセスキオキサンの製造方法は、構造式が下記の化
学式3で表されるラダー型ポリシルセスキオキサンの対アニオンを塩化物イオンからヨウ
化物イオンに変換する工程と、次に、前記対アニオンを前記ヨウ化物イオンから三ヨウ化
物イオンに変換する工程と、を有することを特徴とする。
 本発明に係る第2のラダー型ポリシルセスキオキサンの製造方法は、構造式が下記の化
学式4で表されるラダー型ポリシルセスキオキサンの対アニオンを塩化物イオンからヨウ
化物イオンに変換する工程と、次に、前記対アニオンを前記ヨウ化物イオンから三ヨウ化
物イオンに変換する工程と、を有することを特徴とする。
 本発明に係るカーボンナノチューブ分散剤の製造方法は、上記の第1又は第2の方法に
よりラダー型ポリシルセスキオキサンを製造する工程を有することを特徴とする。
 本発明に係るカーボンナノチューブ分散液の製造方法は、上記のカーボンナノチューブ
分散剤が溶解した溶液にカーボンナノチューブを加える工程と、次に、前記溶液に超音波
を照射する工程と、を有することを特徴とする。
【発明の効果】
 本発明によれば、簡易な処理でCNTを分散媒中に適切に分散させることができる。

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • キトサン誘導体から得られるヒドロゲル

    キトサン誘導体から得られるヒドロゲル

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-02-12

    【発明が解決しようとする課題】 【0 0 0 7 】  本発明の目的は、生体に有害な添加剤を使用することなく、しかも、簡単に任意の形状 に成形することができ創傷被覆材等として有用なキトサン由来のヒドロゲルを得る新しい 技術を提供することにある。 【課題を解決するための手段】 【0 0 0 8 】  本発明者は、検討を重ねた結果、生理的p H において溶解可能なキトサン誘導体に注目 し、このキトサン誘導体を含有する水溶液は、凍結および融解するだけでヒドロゲルを形 成することを見出し、本発明を導き出...

  • グリセリンを副生しないバイオディーゼル燃料の製造方法

    グリセリンを副生しないバイオディーゼル燃料の製造方法

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-02-12

    【発明が解決しようとする課題】 【0012】  本発明の課題は、通常のバイオディーゼル燃料の製造とほぼ同じ条件でグリセリンを副 生せずに燃料を製造する方法を提供することである。 【課題を解決するための手段】 【0013】  本発明の要旨は以下のとおりである。 (1)少なくとも脂肪酸グリセリドを含む油脂類と、ジアルキルカーボネートとをナトリ ウムメトキシド触媒の存在下に反応させて、脂肪酸アルキルエステルを生成させることを 含むバイオディーゼル燃料の製造方法において、固体のナトリウムメトキシドを、前...

  • 小さな泡が産業を変える!~作る、評価する、利用する~

    小さな泡が産業を変える!~作る、評価する、利用する~

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-08-21

    ■研究の背景および目的 ファインバブル(FB)と呼ばれる直径100㎛以下の微細な泡は、液体に様々な機能を付与し農水産物の生育促進や環境浄化、洗浄などの効果を生み出します。日本発の革新的技術として様々な産業での利用が検討されています。私は、FB発生のメカニズムの解明、発生技術や発生装置の開発、特性や特徴の評価法の提案から産業利用に向けた基礎検討まで、総合的にファインバブル研究を行っています。産学官連携によるファインバブル事業の創出や改善のための技術支援も幅広く手掛けています。 ■おもな研究内容 泡...

利用登録
する