産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのPDFファイルをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

固体発酵から液体発酵へ クエン酸麹菌の可能性

  • 公開日: 2019-05-27
  • 変更日: 2021-01-21

本県では昭和28年から麹菌固体発酵法によるクエン酸の製造が行われ,清涼飲料水や洗浄剤などに使用されています。本研究では,麹菌液体発酵法による,より付加価値の高い果汁酸味料を開発し,肉を軟らかくする効果を確認しました。また,副産物である麹菌体から,N-アセチルグルコサミン(NAG)など機能性糖類を生産する基本技術を開発しました。
■果汁を原料とした麹菌の液体発酵
ブドウ果汁を用いた2kL規模の液体発酵試験を行い,クエン酸は培養3日ほどで目標の3%に達しました(図1)。酵素活性は培養2日ほどで最大となりましたが,その後-アミラーゼは減少し,プロテアーゼは活性を維持しました。
このプロテアーゼは,加熱殺菌しても活性が残存したことから,肉を軟らかくし旨味を引き出す付加機能を持った調味料への展開が期待できます。
■麹菌体からの機能性糖類の生産
熱水アルカリ抽出法により麹菌体に含有するNAGの濃縮を試みたところ, -グルカンが除去されたことにより麹菌体よりも2倍程度濃縮されました(図2)。また,酵素処理によりNAGの回収を試みたところ,酵素①ではNAGの純度が50%,麹菌体に含まれるNAGの71%にあたる量を回収できました(表1)。
一方,甲殻類由来キチンからNAGを生成させた場合の回収率は酵素①で20%でした。このことから,麹菌体キチンの酵素分解性は非常に高く,NAG生産の出発原料として優れていることを明らかにしました。
○いちおし
クエン酸麹菌の液体発酵により,果汁酸味料やN-アセチルグルコサミンなど付加価値の高い製品の製造技術を開発しました。
○キーワード
クエン酸,グルコサミン,麹菌,液体発酵,健康機能性

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 細骨材,軽石,火山ガラス材, 混合セメント及びパーライト

    細骨材,軽石,火山ガラス材, 混合セメント及びパーライト

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-01-27

    シラスは,各種鉱物が混ざっているため,日本産業規格(JIS)の砂に不適合で工 業原料として不適でした。本発明は,比重選別により分離回収した結晶質の細骨材, 軽量骨材としての軽石,火山ガラス材の一次加工品とその火山ガラス材を粉砕した 火山ガラス微粉末と普通セメントを調合した混合セメント,火山ガラス材を焼成し て製造したガラス質中空体のパーライトという二次加工品に関するものです。 細骨材,軽量骨材,火山ガラス材及び混合セメント,ガラス質中空体に関するものです。 シラスを工業原料として扱うためには,結...

  • 逐次成形装置及び逐次成形方法

    逐次成形装置及び逐次成形方法

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-01-27

    スマートフォン等の接続端子は,Type-Cへの移行に伴い,爆発的な需要増が見込まれていますが,従来の成形方法では様々な課題がありました。そこで,加工効率が良く,高い加工精度を期待できる鍛造加工を適用して,室温において,プレスの上下動作のみで成形を完結する成形方法を開発しました。 本発明は,スマートフォン等の普及に 伴い,新規格Type-C(2014年策定)へ 移行後,爆発的に需要が増えている USB接続端子の成形に関するものです。 従来,接続端子は,金属粉末射出成形 法により1,000℃以上の高...

  • 人工原料の製造方法,人工原料,及び粉体組成物

    人工原料の製造方法,人工原料,及び粉体組成物

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-01-27

    木質バイオマス発電などで発生する焼却灰と粉末状に粉砕したシラスと無機バインダーを使って成形し,高温で焼成する人工原料の製造方法,並びに人工原料及び粉体組成物を提供するものです。 本発明は,コンクリートの骨材、路盤材料、土工材料、又は敷石として用いられる人工原料の製造方 法及び人工原料と粉体組成物に関するものです。 木質バイオマスの燃焼灰は、燃焼環境によって六価クロムやセレン等の重金属を含むため、その利用 方法が課題となっている。 木質バイオマスの燃焼灰と、粉砕されたシラスとからなり、シラスの配合...

利用登録
する