産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのPDFファイルをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

シーズ(得意な技術・サービス等)

101 件中 85 ~ 96 件を表示
ニーズ・シーズ
  • 藍植物からの藍染め法(特許第4660640号)

    藍植物からの藍染め法(特許第4660640号)

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    本発明は,リュウキュウアイなどの藍植物の生葉を-20℃で冷凍処理したのち沸騰水で処理することにより赤紫色の色素を抽出する方法と,その色素を使い絹糸などを染色する方法を提供するものです。 本発明は,藍植物の生葉から赤紫色の色素を抽出する方法と,その色素を使い絹糸などを染色する方法に関するものです。 従来藍染めの原料として利用されてきた藍植物から簡単な操作で赤紫色色素を抽出することが出来ます。また,絹糸を淡い赤紫色に染色することができます。各種染色堅牢度は草木染めとして良好な値を示します。 藍植物の...

  • シラスコンクリート装飾材及びその製造方法 (特許第4521497号)

    シラスコンクリート装飾材及びその製造方法 (特許第4521497号)

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    製造時に排水を発生することなく少ない作業工程数で,線図,絵などの意図した複雑な模様や色彩を実現した装飾板を提供できます。装飾層の上に組成の異なるシラス硬化層を1~6層重ねて,これを一体加圧成形加工することにより装飾板を製造するものです。表面の一部又は全部を表面研削又は洗い出し仕上げをして美観や滑り止め効果を付与することができます。装飾層に線図,絵などの意図した複雑な模様や色彩を持つ新規な装飾板を実現するものです。 【技術分野】 本発明は,ブロック,瓦,コンクリート擁壁,石塀,石垣,建築物の外壁材...

  • 低コストのシラス加圧成形体およびその製造方法 (特許第4217807号)

    低コストのシラス加圧成形体およびその製造方法 (特許第4217807号)

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    細骨材として使われていなかった南九州に大量に賦存するシラス(南九州に広く分布する火砕流堆積物および降下軽石の非溶結火砕流堆積物)を骨材として100%用いて,かさ比重1.0~2.1,圧縮強度が90~1,350kgf/cm2であるシラス加圧成形体およびその製造方法を提供するものです。自然状態に近いシラスを100%骨材として用い,全配合の12~25wt%のセメントと乾式で混合したゼロスランプの混合原料を加圧成形加工しました。 【技術分野】 本発明は,南九州に大量に賦存するシラスを100%骨材に利用し,...

  • 果糖資化性酵母(特許第3876975号)

    果糖資化性酵母(特許第3876975号)

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    本発明の酵母は果糖資化能が非常に旺盛であり,黒糖焼酎の製造において,従来の酵母であればアルコール収量が低下したり,酢酸を過剰に生成したりするような高温条件であっても,安定した収量,酒質を実現できる優れた酵母です。この酵母は,鹿児島県酒造協同組合より「鹿児島6号」として,県内酒造メーカー向けに販売されています。 【技術分野】 黒糖焼酎製造において,もろみ温度が高温となった場合,酵母の果糖資化性が低下し,その結果アルコール収得が低下することを見いだしました。そこで,高温,高エタノール条件下で,果糖を...

  • 中空ガラス球状体を連続的に製造する方法 (特許第3876296号)

    中空ガラス球状体を連続的に製造する方法 (特許第3876296号)

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    粒度分布が狭い中空ガラス球状体又は平均粒径20μm以下の中空ガラス球状体,粒径の異なる2種類以上の中空ガラス球状体を連続的に製造する方法を提供するものです。火山ガラス原料を内燃式流動床炉で発泡して得られる中空ガラス球状体を含む気流を,複数のサイクロン集塵装置をその旋回気流速度が大きくなる順に直列に連結した集塵装置に供給し,最後にバグフィルターに供給することからなります。 【技術分野】 本発明は,平均粒径20μm以下であり,タッピングかさ密度0.25g/cm3以下の中空ガラス球状体と粒径の異なる2...

  • 軽量シラス基盤及び緑化軽量シラス基盤とその製造方法 (特許第3858079号)

    軽量シラス基盤及び緑化軽量シラス基盤とその製造方法 (特許第3858079号)

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    屋上緑化に適した軽量シラス基盤,表面の一部または全部が研削された軽量シラス基盤,軽量シラス基盤と芝草類または苔類とを組合わせた緑化軽量シラス基盤およびその製造方法を提供するものです。全配合原料の12%未満のセメントをシラスまたはシラスバルーンの表面に薄くまぶす程度にとどめ,ゼロスランプの混合原料を加圧成形加工し,シラス同士またはシラス/シラスバルーン間の接触面での強固な接合を行わせることです。 【技術分野】 本発明は,吸水率,見掛気孔率,保水率,見掛気孔率が大きく,人が乗っても壊れない程度の強度...

  • 麦焼酎の製造方法(特許第3858066号)

    麦焼酎の製造方法(特許第3858066号)

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    本発明の酵母は,フルーティな香気成分を多く生成することで麦焼酎特有の臭いをマスキングできます。この酵母により製造される麦焼酎は,イオン交換等の処理をする一般的な麦焼酎より味が濃いため低アルコール飲料化に対応できます。 【技術分野】 本発明は,焼酎用酵母である鹿児島酵母を変異処理せずにカナバニンに耐性を指標として分離された酵母であり,サッカロミセス セレビシエに属する新規焼酎用酵母であって,この酵母を用いた麦焼酎の製造方法に関するものです。 【課題】 麦焼酎は,麦焼酎特有の臭いを除去するために,イ...

  • 高耐久性シラス瓦およびその製造方法 (特許第3787595号)

    高耐久性シラス瓦およびその製造方法 (特許第3787595号)

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    シラスを全骨材成分の70~100%用い,従来品より5~20%軽量化し,従来品と同等以上の曲げ強度を有する耐久性に優れたシラス建築用板及びその製造方法です。シラス,セメント,水,流動化剤と,石英又は非晶質シリカ又は硬質岩の少なくとも1種を用いることからなるセメントモルタルを,加圧脱水成形することにより得られるものであり,かさ比重が1.7~2.3で,吸水率が小さく,曲げ強度と圧縮強度が大きく耐久性に優れるシラス建築用板を製造できます。 【技術分野】 本発明は,シラス40~60wt%,セメント25~3...

  • 火山ガラスマイクロボールの開発

    火山ガラスマイクロボールの開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    火山噴出物であるシラスをふるい選別し,熱処理して発泡させたシラスバルーンは,建材や化粧品など様々な工業製品に活用されています。今回,数μm以下に微粉砕したシラスを造粒し熱処理する事で,シラスバルーンよりも粒子が微小で且つ真球の火山ガラスマイクロボールの開発に成功しました。 シラスを数μm以下まで微粉砕した後に造粒して,気流中で溶融させる事で,粒子を球状化させます。そのため形状は真球に近くなり,また内部構造は中空ではなく中実となります。 [火山ガラスマイクロボールとシラスバルーンの表面比較] 新開...

  • CLTを活用した在来軸組工法用高耐力壁の開発

    CLTを活用した在来軸組工法用高耐力壁の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    CLTの高耐力・高剛性を活かした在来軸組工法用の高耐力壁を開発するために,予備試験により,仕様の選定および壁倍率推定を行い,その結果をもとに実大サイズの耐力壁を作製後,面内せん断試験を行い,壁倍率の算定を行いました。その結果,壁倍率5倍を達成するための仕様が明らかになりました。 ①予備試験(各仕様のせん断性能比較) ②実大試験体での壁倍率の算定 ○いちおし CLTを適用した高倍率の耐力壁を使うことで,建築物の地震等への耐力が確保できるので,開放的な室内空間の実現など,設計の幅が広がります。 ○キ...

  • 複数金属部品の効率的な結合方法の開発

    複数金属部品の効率的な結合方法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    複数部品の結合を容易にする「かしめ部」を設けた加工技術について検討しました。この結果,突起形状を有するヒートシンクフィンの試作とかしめ加工によって,引張り強度を向上させつつ,従来のねじ止めに変わる効率的な結合方法を開発しました。 ○いちおし 部品に突起形状を設けて成形することで,複数部品を効率的に結合することができます。 ○キーワード 金属部品の結合,かしめ加工,鍛造加工

  • EMC試験技術の高度化研究

    EMC試験技術の高度化研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-27

    電波暗室間の測定値のバラツキを小さくする方法として,6面暗室の5面暗室化と,供試体に供給する電源ラインの安定化について検討しました。研究の結果,十数dBあった測定値の差が5dB程度にまで縮小することが確認できました。 5面暗室化は,現在の6面暗室の床面に金属板を敷設し,電磁波を反射するようにしました。また電源ラインには,暗室外部の電源配線の影響を軽減する機能があるVHF-LISNを電波暗室内の電源コンセント直後に設置しました。対策のイメージを図1に,実験風景を図2に示します。 供試体としてLED...

利用登録
する