産学・地域マッチングサイト

KuRiPS(クリップス)は企業や地域自治体・公共機関、大学等の「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム」です。
利用登録(無料)することで、どなたでも利用できます。 詳細は、こちらのPDFファイルをご覧ください。
当センターへの個別(非公開)のご相談・ご意見等は、画面右上の[メールで相談][お問合せ]からお願い致します。

シーズ(得意な技術・サービス等)

361 件中 1 ~ 10 件を表示
ニーズ・シーズ
  • 錦江湾・奄美海域の洋上プラットフォーム『南星丸』

    錦江湾・奄美海域の洋上プラットフォーム『南星丸』

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-04-13

    研究の背景および目的 鹿児島大学水産学部が有する2隻の練習船のうち、小型の南星丸(総トン数175t)は、錦江湾から奄美諸島周辺海域を主な活動範囲としています。各種漁具・観測機器・ウインチ類を装備し、生物・水・底質・海洋データの採取が可能です。食堂兼教室、男女トイレ、シャワー、居室を備え、利用定員は16名(乗組員除く)、1週間程度の船内生活も出来ます。学生の乗船実習と教員の研究調査が主な活動内容ですが、本学教員との共同研究等で学外者も利用可能です。 主な研究内容 ●定点保持、その場回頭、水平移動な...

  • 移植・再生医療に有用な独自開発ミニブタによる前臨床研究

    移植・再生医療に有用な独自開発ミニブタによる前臨床研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-04-06

    研究の背景および目的 新しい治療法を開発する際、マウスなどの小動物実験で得られた結果をヒトへ応用する前に、ブタやサル等を用いた大動物前臨床研究(トランスレーショナル研究)が必須です。ヒトと解剖学的・生理学的に類似しサイズも近いミニブタは入手が容易で扱いやすいため、臨床応用を目指した薬物・医療機器開発に広く使用されています。我々は実用化を見据えた移植・再生医療実験を行うために重要な、主要組織適合性抗原(MHC)が判明したミニブタを独自に開発し特性を生かした研究を行っています。 おもな研究内容 半年...

  • 鹿児島の地の利を生かした健康長寿・疾患予防法の開発

    鹿児島の地の利を生かした健康長寿・疾患予防法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-02-28

    研究の背景および目的 鹿児島の特徴(離島・人口移動少・高齢化・1県1医学部)を生かして全国・世界へ情報発信!! ●垂水研究:高齢化率43%の限界都市を多職種連携で再生 ⇒近未来日本へ処方箋を提示! ●高血圧ゼロの街 枕崎:脳卒中死亡率県内No.1⇒高血圧を完全制圧して明るい未来を取り戻せ! ●健康アイランド種子島:既存健診を120%活用! ⇒住むだけで健康になる近未来島の創生 ●健診ビッグデータ解析:100万人35年分の健診データをAI解析で分析。先制医療のシーズ探索を。 鹿児島から全国・全世界...

  • シルセスキオキサン構造を有するイオン液体及びその製造方法

    シルセスキオキサン構造を有するイオン液体及びその製造方法

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-02-16

    容易に製造することができるSQ構造を有するイオン液体及びその製造方法を提供する。 の従来の手法は、反応中にイオンになり得る置換基をもつ有機トリアルコキシシランであれば、規則構造を有するイオン性SQの合成に適用できるため、種々の有機トリアルコキシシランを用いてゾル-ゲル反応を検討することで、イオン液体となるSQの合成も可能ではないかとの考えに至った。そして、本発明者らによって既に報告されたカチオン性SQの合成手法におけるモノマーを四級アンモニウム塩含有有機トリアルコキシシランに、酸触媒をトリフルオ...

  • カーボンナノチューブ分散剤、その製造方法、カーボンナノチューブ分散液、及びその製造方法

    カーボンナノチューブ分散剤、その製造方法、カーボンナノチューブ分散液、及びその製造方法

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-02-12

    【発明が解決しようとする課題】  本発明の目的は、CNTを分散媒中に適切に分散させることができる無機化合物を基盤 とするCNT分散剤、その製造方法、CNT分散液、及びその製造方法等を提供すること を目的とする。 【課題を解決するための手段】  本発明者は、上記目的を達成するために鋭意検討を重ねた結果、上記の特許文献6、非 特許文献2、非特許文献3、非特許文献4等に記載されたPSQの対アニオンを三ヨウ化 物イオンに変換したラダー型PSQが、CNTの分散剤として機能することを見出した。  本発明に係...

  • キトサン誘導体から得られるヒドロゲル

    キトサン誘導体から得られるヒドロゲル

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-02-12

    【発明が解決しようとする課題】 【0 0 0 7 】  本発明の目的は、生体に有害な添加剤を使用することなく、しかも、簡単に任意の形状 に成形することができ創傷被覆材等として有用なキトサン由来のヒドロゲルを得る新しい 技術を提供することにある。 【課題を解決するための手段】 【0 0 0 8 】  本発明者は、検討を重ねた結果、生理的p H において溶解可能なキトサン誘導体に注目 し、このキトサン誘導体を含有する水溶液は、凍結および融解するだけでヒドロゲルを形 成することを見出し、本発明を導き出...

  • グリセリンを副生しないバイオディーゼル燃料の製造方法

    グリセリンを副生しないバイオディーゼル燃料の製造方法

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-02-12

    【発明が解決しようとする課題】 【0012】  本発明の課題は、通常のバイオディーゼル燃料の製造とほぼ同じ条件でグリセリンを副 生せずに燃料を製造する方法を提供することである。 【課題を解決するための手段】 【0013】  本発明の要旨は以下のとおりである。 (1)少なくとも脂肪酸グリセリドを含む油脂類と、ジアルキルカーボネートとをナトリ ウムメトキシド触媒の存在下に反応させて、脂肪酸アルキルエステルを生成させることを 含むバイオディーゼル燃料の製造方法において、固体のナトリウムメトキシドを、前...

  • ドローンとAIによる海岸漂着プラスチックごみの定量化

    ドローンとAIによる海岸漂着プラスチックごみの定量化

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-12-22

    ドローンとAIによる海岸漂着プラスチックごみの定量化 研究の背景およぼ目的 沿岸に暮らす人々を苦しめる海岸漂着ごみは、海洋汚染の象徴として注目されています。SDGsでも 言及されている様に、早急に対策が必要な地球環境問題の一つです 。しかし、これらを定量化する 方法は、現在でも人手によるごみ回収がほとんどで、客観的な定量化手法は未整備なままです。 本研究は、ドローンによる航空測量と人工知能(AI)を基盤とした画像解析を組み合わせることで、 より客観的かつ効率的で正確な、海岸漂着プラスチックごみ定...

  • 心的外傷(トラウマ)の辛い体験・記憶の治療法

    心的外傷(トラウマ)の辛い体験・記憶の治療法

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-12-06

    心的外傷(トラウマ)の辛い体験・記憶の治療法 研究の背景及び目的 心的外傷(トラウマ)を治療する実践的研究を行なっています。災害、事故、事件、日常における辛 い出来事は大きなストレスとなり、精神的にも身体的にも不具合をもたらします。トラウマの原因は 適切に処理されずに残っている辛い記憶にあると考えられています。私は心療内科医としてEMDR という手法を用いて、トラウマの治療を行なっています。辛い記憶を再処理するためには脳をどのよ うに働かせれば良いか、治療場面で脳の活動を見ながら研究しています。...

  • 「社会が子どもをどう育てたか」に注目する教育史の研究

    「社会が子どもをどう育てたか」に注目する教育史の研究

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2020-11-28

    研究の背景および目的 現在、教育の世界は大きく変わりつつあります。教育改革の行方を見通す上で、過去の教育の経験を 検証することが歴史研究の役割であると考えています。「教育の社会史」では、公的な教育制度だけ でなく、民間のさまざまな学習支援や家族の支援の歴史に注目して、「社会がどのように子どもを育 ててきたか」を明らかにします。地域の紐帯が弱まりを見せる中、重要性が高まる民間セクターによ る教育支援活動に活かせる知見を提供し、行政に留まらない教育の在り方を提示していきます。 ■おもな研究内容 【1...

利用登録
する