産学・地域マッチングサイト

企業や地域自治体・公共機関、大学等の産学官連携による「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム KuRiPS」

南九州に多発する成人T細胞白血病(ATL)治療薬の開発

  • 公開日: 2021-05-18
添付:PDFファイル

研究の背景および目的
成人T細胞白血病(ATL)はヒトレトロウイルス*であるHTLV-1によって引き起こされる,きわめて悪性の血液腫瘍です。南九州に多く,鹿児島県では約20万人ものHTLV-1感染者が存在し,毎年100人以上のATL患者が発生しています。ATLを発症すると半年から1年で死亡し,根本的な治療法はありません。本研究では,新しく確立した方法を用いて,ATL細胞を選択的に殺傷する新規構造の薬剤を見出しました。ATL細胞だけを攻撃して副作用が少ない,新しい薬剤の開発を目指しています。

おもな研究内容
・ATL由来の細胞と非ATL白血病の細胞を用いて,色素法による薬剤のスクリーニング試験を行い,
ATL由来の細胞株に対して選択的な阻害効果を示す薬剤を同定する。
・同定された薬剤は,ATL患者から採取された白血病細胞に対する殺傷効果と,健常者から供給された活性化T細胞に対する殺傷効果について比較する(確認試験)。
・さらにその薬剤をリードとして,誘導体の合成展開を図り,最終的にはATLに対する高い活性と選
択性を持った薬剤を得る(構造活性相関の解析)。
・得られた薬剤の作用機序について,マイクロアレイやアフィニティークロマトグラフィーなどを用いて明らかにする(標的分子解析)。
・白血病細胞を接種した重症免疫不全マウスなどの動物モデルを用いて,薬剤の抗腫瘍効果や毒性(副作用)を検証する(in vivo試験)。
・これらの結果を総合的に検討し,新規抗ATL 薬としての可能性を判断する。

期待される効果・応用分野
HTLV-1感染者は日本で約100万人,中南米やアフリカなど発展途上国に1000万~2000万人存在し,そのうち2~5%がATLを発症します。日本では鹿児島を中心とする南九州に限局することから,治療薬の開発は地域の研究機関や企業の社会的使命の1つです。鹿児島大学にとっては最大の地域貢献となります。本研究で確立した薬剤同定の手法は,ATL以外の悪性腫瘍に対しても応用可能であり,副作用の少ない治療薬の開発に用いることができます。

共同研究・特許などアピールポイント
●国際特許出願:「成人T細胞白血病治療薬」
(発明者)岡本実佳,馬場昌範
(出願人)国立大学法人鹿児島大学
特許6534098 号令和1年6月7日登録

コーディネーターから一言
鹿児島に発症者が多い,ATLの治療薬を開発する研究。薬剤,食品,食物成分等の抗ATL効果を試すなど,共同研究できる地元企業を歓迎します。新型コロナウイルス研究でも注目され,治療薬の開発に取り組んでいます。

研究分野
ウイルス学,化学療法学,創薬科学
キーワード
抗白血病薬,ヒトレトロウイルス,HTLV-1,ATL,地域貢献

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 選択なし
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 黒潮流域・北太平洋西部をフィールドとする『かごしま丸』

    黒潮流域・北太平洋西部をフィールドとする『かごしま丸』

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-04-26

    研究の背景および目的 『かごしま丸』は総トン数935t、定員44名の大型練習船。主に外洋域での教育・研究に利用され ています。1週間前後の短期航海から1カ月に及ぶ長期航海まで年間約15回の航海を実施。実習海域 は本州~九州沿岸、東シナ海、南西諸島、中西部太平洋に及びます。外洋域での学生・教員の漁業・ 観測・航海実習と調査研究に対応する多様な装備と操縦性能が特徴です。また洋上教育のための共同 利用拠点として他大学の乗船実習や共同研究等で企業や公的機関の調査研究の一翼を担っています。 ■おもな研究内...

  • みるスポーツ・するスポーツ等に関する消費者研究・調査

    みるスポーツ・するスポーツ等に関する消費者研究・調査

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-04-26

    【測定・評価】 スポーツ人文・応用社会科学系 講師 隅野美砂輝 SUMINO Misaki [専門分野] スポーツ経営学、スポーツマーケティング [主な研究内容] ●スポーツ観戦者研究スポーツ観戦者を消費者として捉え、消費者行動の理論を援用してスポーツ観戦者の行動を分析する。具体的には人々がスポーツ観戦という行動に向かうメカニズムを心理学及び社会心理学的な変数を用いて理論化し、予測モデルの構築を進める。そのなかでも現在は、観戦者の感情、経験という変数に焦点をあて、測定尺度の開発、関連変数への影響...

  • 素早く運動を修正する能力を高める練習方法の提案 ほか

    素早く運動を修正する能力を高める練習方法の提案 ほか

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2021-04-26

    【測定・評価】 スポーツ人文・応用社会科学系 講師 幾留 沙智 IKUDOME Sachi [専門分野] スポーツ心理学(Sport psychology) [主な研究内容] 「運動修正能力向上のための練習方法の解明」熟練したスポーツ選手は、素早く、そして柔軟に運動を遂行することができる。このような運動制御のメカニズムを探るとともに、熟練した選手になるための効率的な練習方法を提案していくことを目的として研究に取り組んでいる。「スポーツ選手に対するメンタルトレーニングの効果」熟練したスポーツ選手は...

利用登録
する