産学・地域マッチングサイト

企業や地域自治体・公共機関、大学等の産学官連携による「ニーズ・シーズのマッチングプラットフォーム KuRiPS」

センチネルリンパ節理論の消化器癌への臨床応用

  • 公開日: 2019-05-13
  • 変更日: 2021-07-13
添付:PDFファイル

(研究の背景および目的)
リンパ節転移の有無は癌の重要な予後因子ですが、通常の病理検査で指摘されない微小転移も存在し、術前画像によるリンパ節転移の診断精度も高くはありません。一方、赤外蛍光観察下では術中に癌細胞が原発巣から最初のリンパ流を受けて転移するセンチネルリンパ節を可視化できます。乳癌では臨床応用されているセンチネルリンパ節理論の概念を消化器癌に導入し、蛍光ガイド下でリンパ流検索やリンパ節転移診断を行い安全性と根治性が担保された縮小手術を確立することが本研究の目的です。
(主な内容)
センチネルリンパ節理論とは?
●センチネルリンパ節とは癌(原発巣)から最初のリンパ流を受けるリンパ節
●センチネルリンパ節から癌の転移が形成される
●センチネルリンパ節に転移がなければ、それ以外のリンパ節にも転移は無い
センチネルリンパ節ナビゲーション手術の実際の手技
インドシアニングリーン(ICG)注入
赤外蛍光観察(腹腔鏡)
センチネルリンパ節郭清
摘出したリンパ節の転移を調べる
→通常の病理学的検査
→特殊検査(分子生物学的・遺伝子学的手法)
(期待される効果・応用分野)
消化器癌で赤外蛍光ガイド下のセンチネルリンパ節理論に基づくリンパ節郭清の個別化が可能となれば、従来より切除範囲を縮小し神経を温存した機能温存手術を行えるため、術後の食事摂取量や体重の速やかな回復が期待できます。さらに癌への根治性も担保する低侵襲治療が行えます。早期胃癌に対しては腹腔鏡・内視鏡合同手術による胃部分切除術が定型化されており、当院で手術した全症例で再発もなく経過観察中です。本研究の保険適用を目指すと共に、大腸癌等への応用も検討中です。
(共同研究・特許などアピールポイント)
●当教室は、本研究に関する多施設共同試験(先進医療)に参加し、多数の症例を登録してきました。
●本研究に関連した総説論文や原著論文を32編発表、多くの国際・国内学会発表も行っています。本研究に関連したアメリカ留学も積極的に行ってきました。
(コーディネータから一言)
全国で実施した共同臨床試験に長年参加し、数百の症例を登録。現在、保険適用に向け経過観察中です。早期胃癌のリンパ節転移を正確に診断し、最小限の切除で機能の温存と根治を担保する治療法の確立を目指しています。
(研究分野)
消化器外科学 消化器がん 分子生物学
(キーワード)
蛍光ガイド下手術 センチネルリンパ節 インドシアニングリーン リンパ節微小転移

カテゴリ : シーズ(得意な技術・サービス等)
対象エリア: 国内 / 南九州 / 南西諸島域 / その他地域
有効期限 : 無期限

(ご注意)

◯ コメントは公開されます。秘密情報の取り扱いには十分お気をつけください。
◯ 非公開で投稿者と連絡を取るには、右の[個別メッセージ]機能を利用して下さい。

個別メッセージ

ニーズ・シーズ投稿者と個別のメッセージ交換を行えます。

ログインすれば投稿者と個別メッセージ(非公開)のやりとりができます。

関連するニーズ・シーズ

  • 体力と肥満度を組み合わせた新指標(FFI)と健康関連QOL

    体力と肥満度を組み合わせた新指標(FFI)と健康関連QOL

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 寿命が長くなって、身体的および精神的な健康関連QOL(生活の質)に対する関心が高まっています。しかしながら、「体力(fitness)」と「肥満(fatness)」のバランスが心身の健康にどう作用するかに関する知見は少ないのが現状です。本研究は私たちが作成した新しい指標(FFI:Fit-fat指数)と心身の健康の関連を検証することを目的としています。 (主な内容) ライフスタイル要因と良好な精神的健康関連QOLの関係オッズ比3体力(全身持久力)ウエスト周最大血圧飲酒習慣ウ...

  • クラウン系ミニブタにおける体細胞クローン技術の確立

    クラウン系ミニブタにおける体細胞クローン技術の確立

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 鹿児島大学で開発・維持されているクラウン系ミニブタは、我が国唯一の近交系ミニブタです。本研究は、遺伝子を改変したクラウン系ミニブタを作出し、医学・生物学の分野で広く活用できないかという課題から始まりました。現時点で遺伝子改変動物を得る最も現実的な方法は、遺伝子改変した体細胞の核を除核未受精卵に移植してクローンを作出することです。このような背景から、私たちはクラウン系ミニブタの体細胞クローンを作出する技術を確立しました。 (主な内容) 活性化は、クローン胚の発生を誘起する...

  • 機能水を利用した環境改善と食品衛生管理手法の開発

    機能水を利用した環境改善と食品衛生管理手法の開発

    シーズ(得意な技術・サービス等) 2019-05-13

    (研究の背景および目的) 食品製造の工程で問題となるのが、衛生管理と廃棄物処理です。現在、衛生管理や廃棄物処理に薬剤の使用は不可避ですが、新たな環境汚染の原因ともなり得るため、薬品を使わない処理技術の開発が求められています。機能水とは「水に物理的な作用を施すことで何らかの作用をもたらす水」のこと。機能水を用いることで、既存の薬剤使用量を減少させることが期待できます。機能水を有効利用する方法を検証すること、ならびに新たな機能水をみつけることを目的として研究を行っています。 (主な内容) 強酸性電解...

利用登録
する